死装束

死装束は人生最期のお召しものです。

終活の一環として、また、大切な方のご葬儀のために、ご準備してみてはいかがでしょうか。

 

 

経帷子と小物のお仕立て

故人様がお召しになる死装束をお仕立てしています。

「経帷子(きょうかたびら)」と呼ばれる白いおきものと、手甲や脚絆など死出の旅路に必要な小物もおつくりしています。

・経帷子・頭巾・手甲・頭陀袋・帯・脚絆・足袋・小物を収納する袋

 

 

オリジナルの死装束

現在のご葬儀では、故人様がお召しになるご衣裳はとても自由になっています。

後藤和裁では、オリジナルの死装束を提案しています。

お気に入りのおきものを死装束にリフォームすることもできます。

 

・小紋の表地を仏衣と帯に、八掛地を小物にリフォームした例

before


<小紋のきもの>
表地を仏衣と帯に、八掛地を小物にリフォームします

お仕立て中


厚生労働省のさだめる国家検定に合格した有資格者による手縫いでお仕立てしています

after


お気に入りのきものが仏衣になりました
小物は全て収納袋に収まります